いい塾選び.com  

良い塾

 

 

良い塾とは?

お子様の将来のためにも「良い塾に行かせなきゃ」と言うお母さん方がたくさんいますが、どういう「塾」が「良い塾」と呼べるのでしょうか?一言で言うと生徒のことを1番に考え、優秀な講師が情熱をもって教えてくれる「塾」が良い塾と言えますよね。一緒に良い塾を見極めていきましょう。


ここがポイント「授業準備をしっかししている塾」


わかりやすい授業をするためには個別指導でも集団指導でも準備、予習なしで授業をすることはありえません。毎年同じ教科の学習を教えていても毎年生徒は当然変わります。もちろん試験内容も変わります。さらに良い授業を継続するためには工夫もしなければなりません。最低でも30分〜1時間位かかる授業準備ですので、良い塾かどうかを調べるために通う予定の塾はいつから授業の準備を始めているかチェックすることをお勧めします。
ギリギリになるまで塾に現れないような塾の先生でしたら、あまり良い塾ではないかもしれません。逆に生徒がまだこない早い時間から塾に入り、準備をしているような良い塾講師は、良い授業をしようとうう向上心があり良い塾だといえるでしょう。


ここがポイント「正当な理由で生徒のことを叱る」

昔と違って最近は学校の先生でも生徒を厳しく叱る方が少なくなっています。確かに叱ることには多くの問題も抱えており、生徒が学校に来なくなったら・・・などと恐れてしまい叱りにくいということもあるようです。例えば、塾でも授業中生徒がムダ話をしたりお菓子やガムを食べていても注意しないところもあるようですが、それは本当に生徒のことを考えていないからなのです。確かに塾に行く目的は勉強ですが、当たり前のルールというものはあります。こうしたことをきちんと教えてくれる塾が本当の意味での良い塾だといえるのではないでしょうか。良い塾に子どもをいれたいのであれば、塾の授業風景を観察し、態度が悪い生徒にはきちんと叱る勇気のある塾講師がいる学習塾を選ぶことをオススメします。

 

 

 

Copyright (c) いい塾選び.com All Rights Reserved.